心理的に食欲コントロールが必要

最近では、過食症や拒食症が増えているなか本当に必要なのはダイエットではありません。 - 心理的な食欲をコントロールしよう

心理的な食欲をコントロールしよう

人間であれば誰でも「ついつい食べ過ぎた」ということがあるものです。このついつい食べ過ぎたというのが、食べ過ぎの原因です。

これをなくすことができるだけでも、食事制限になるかもしれませんね。
食べ過ぎの習慣をなくさなければダイエットに成功することはできません。ですから、なんとか改善していきましょう。
この食べ過ぎの原因なのですが、もちろん食欲が関係しています。この食欲をコントロールして食べ過ぎを防げます。
食欲といっても実は2つの種類があるのです。それは生理的な食欲と、心理的な食欲です。
例えば、毎日3食食べると思いますがこれは生理的な欲求なので問題ありません。
問題なのは

心理的な欲求をコントロールできるかどうかという点

なのです。
例えば「デザートは別腹」という言葉がありますよね。食後お腹がいっぱいだと思っても、デザートなら食べられるというヤツです。
これは心理的な食欲になります。他にもデパートで美味しいパンの臭いがしたら、ついつい買ってしまうなど。これらが心理的な食欲です。
つまり本当は食べなくても問題ないのに、ついつい食べたくなってしまうということですね。
これが食べ過ぎの原因になっているのです。「食事は残さず食べなさい」というのも、ある意味心理的な食欲をかきたてていますね。

食欲には2つの欲が存在します

食欲には2つの種類があります。1つは生理的な食欲で、もう1つは心理的な食欲です。

美味しそうな食べ物をみると食べたくなる、というようなものが心理的な食欲です。

この心理的な食欲に勝つということがダイエットではとても大切なのです。

美味しそうなものを見た時、ストレスでイライラしているときにもこの心理的な食欲が襲ってきますからね。

これに負けていればダイエットなど成功するわけがないのです。私の場合は食欲をどうしても抑えきれない場合は10代に人気のEAT ME(イートミー)サプリメント効果をしらべ、EATMEというダイエットサプリを使用して真脱いでいました。

そもそもこの心理的な食欲が原因で太ってしまった人も多いでしょうからね。

この心理的な食欲を抑えるためには、我慢をするということも重要です。

我慢といえばつらくきこえますが、このような衝動は時間がたてば収まるものだからです。

車で移動中にパン屋さんをみて、パンが食べたくなるかもしれません。

しかし、その欲求はすぐに薄れますよね。このような感じです。

嫌なことがあっても、一晩寝れば忘れるという人もこれと同じ理屈なのです。

しかし、生理的な空腹はそのままにしておくと強くなります。

これは無視をすると体に悪いので、我慢をせずに食事をしましょうね。

食欲がわいてきたら、それは整理的なものなのか、心理的なものなのかを判断しましょう。

心理的な食欲は忘れるに限ります。

Copyright(C)2014 心理的に食欲コントロールが必要 All Rights Reserved.